電撃ドットコムファミリーサイト

電撃オンライン
電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
電撃ホビーウェブ
プラモ、フィギュアからイベントレポートまでを網羅したホビー情報サイト
電撃文庫
電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
電撃コミックWEB
電撃のコミックス情報&無料試し読みサイト!
電撃屋
電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

ゼノブレイド
ザ・コンプリートガイド
定価:本体1,800円+税
ページ数:288P
機種:Wii
2010年7月24日発売
978-4-04-868841-3

アマゾンで購入!



ちょっと見する

・立ち読みページを読むには、デジタル書籍閲覧ソフト「T-Time Crochet」プラグイン(無料)をインストールする必要があります。
・ブラウザによっては、プラグインをインストールする承認メッセージが表示されますが、そのまま「はい」を選んでインストールしてください。

インストールはこちら
使い方はこちら
ゼノブレイド ザ・コンプリートガイド世界の全てを≪解≫読する
これが『ゼノブレイド』最終攻略の書。
完全制覇を可能にする究極データベース解禁!!


  • 巨神界と機神界のエリアマップを徹底調査
  • コレペディア制覇を約束する詳細なデータ
  • ユニークモンスターを含む全エネミー解析
  • キズナトーク、プレゼントの効果等も網羅
  • 開発スタッフから寄せられた貴重なコメント



テクニック解説
キャラクター別アーツ&スキルを徹底解説!
◆基礎知識編/バトル編/キャラクター編

ストーリー攻略
最短でエンディングへと導く攻略チャート!
プロローグ「退けば未来は掴めない」
◆ 1章「今日のは自信作なんだから」
◆ 2章「今度は俺達が護る番だぜ!」
◆ 3章「モナドは君と共に成長する」
◆ 4章「コロニー6を目指してるんです」
◆ 5章「一秒でもはやく迎えに来て」
◆ 6章「あいつはフィオルンの仇なんだ!」
◆ 7章「今年の伝説の勇者に選ばれたリキだも」
◆ 8章「メリア・エンシェントである」
◆ 9章「我が名はザンザ」
◆10章「機神メイナスの代行者」
◆11章「斬れるのかぁ? 俺達が」
◆12章「お帰り。フィオルン」
◆13章「この世界は歪んでいる」
◆14章「皆、あなたを愛していた」
◆15章「いいかげん邪魔なんだよ」
◆16章「これが因果の流れだ!」
◆17章「世界の始まりにして、終わりを告げる者」
2周目プレイの特典

マップ情報
全ランドマーク&ロケーションを完全踏破!
◆コロニー9/テフラ洞窟/巨神脚/コロニー6/中央採掘場/燐光の地ザトール/巨神胎内/マクナ原生林/サイハテ村/エルト海/皇都アカモート/ハイエンター墓所/監獄島/ヴァラク雪山/大剣の渓谷/ガラハド要塞/落ちた腕/機神界フィールド/中央工廠/帝都アグニラータ/機神界中枢/記憶空間

データ解析
コロニー6の復興攻略や防具のシリーズ別グラフィックも!
◆クエストリスト/コロニー6の復興/街の人&物々交換リスト/武器データ/防具データ/防具ギャラリー/アーツ書リスト/ジェム効果リスト/素材リスト/コレクションアイテム/エネミーデータ/ユニークモンスターリスト

エクストラ
設定資料をもとに『ゼノブレイド』を解読!
◆キャラクター解析/ストーリープレイバック/開発スタッフからのメッセージ

TOPICS
Title/キズナトークベストアンサー/バトル終了時のセリフに注目!/プレイアワード(トライアル編)/プレイアワード(レコード編)/開発スタッフのこぼれ話



「ページが足りねぇよ! いくらあっても!!」
――ディクソン(のマネ)

そんなわけで正直な話をしましょう。
この本は……目が痛くなります。ごめんなさい。
いやほら、ムムカも言ってますよね本が厚すぎると「物騒だよなぁ!」って、
言ってないですか、そうですか。

なんといっても、Wiiの歴史に燦然と輝き続けるであろう超大作。膨大かつ精緻な情報の海から、よりわけ、かきわけ、旨味を抽出したつもりです。ソフトが素材だとしたら、攻略本は調味料。どう料理するかは、皆さましだいです。

一番の読みどころは、モノリスソフト様にご協力をいただいた、エクストラのチャプターです。ただしエンディングに直結する話やその伏線、その後についても触れられていますから、まずはクリアを目指してくださいね。『ホムスが喰われる理由』『シュルクが得た≪解≫』などは興味深いエピソードだと思います。
高橋総監督が本作品でもっともこだわった点や、フィオルンの装備は何派か、といったことまでわかっちゃいますも!

あとはまあ……。メリアの実年齢が公開されるのは、本書が世界初なのではないかと。
ちなみに『見た目は16歳』らしいです。

(一番の美○はヴァネアだと思う担当編集:D.K)


(C) 2010 Nintendo/MONOLITHSOFT


TOPページへ戻る